「孫子の兵法」に教わる、負けない戦略

「孫子の兵法」に教わる、負けない戦略

「孫子の兵法」に教わる、負けない戦略

孫子の兵法をこの世に残した人は「孫武(ソンブ)」といい。孫武は春秋時代の武将でありながら軍事思想家としても有名であった。今から約2500年前、戦いの絶えなかった春秋時代。孫武は可能な限り戦わずして勝ち、短期決戦に持ち込んでいた。戦争が国に疲弊をもたらすことを知っていた孫武はそれを常に考えていた。そして出来上がった兵法書が孫子の兵法なのです。

 

1.百戦百勝は善の善なる者にあらざるなり。戦わずして人の兵を屈するは善の善なる者なり

 

 訳:百回戦って、百回勝ってもそれは最善ではない。最も良い方法は戦わずして勝つ事である

戦うことにはリスクや犠牲が伴う。孫子の兵法には戦いに関する戦略について書かれていると思うかもしれない。だが、孫子が一番に言っていることは戦いは避けるべきであるということ。つまり、競合を打ち負かすことを考えるのではなく、自社の利益が最大化することを考えるべきなのである。また、営業などをして契約をたくさん取ることが費用対効果に合わなかったり、利益に繋がらなければ、それは良いこととは言えない。アクセラレーションプログラムなども沢山あるが、上手く利用し、目標を見失わないようにしましょう。

 

2.彼を知り己を知れば、百戦して危うからず
 訳:戦いの際、まずは相手の事を知る前に自分の事を分かっておけば負ける事は無い

敵を知り、己を知れば、百度戦っても結果を恐れることはないだろう。敵を知らず、己を知っていれば、勝負は五分と五分になるだろう。敵を知らず、己も知らないのであれば、戦うごとに敗れるだろう。この考え方はSWOT分析に近い。競合分析をし、競合相手と自社との違いを調査する。そして、どこが劣っていて、どこ優れているのかを言語化できるレベルまで知る必要がある。そこで初めて、どこで勝負するのか、どうしたら負けないのかを考える事ができるのだ。

 

 3.兵は詭道なり
 訳:戦とは騙しあいである

実力があるときはないと見せかけなければならない。行動を起こすときは、動いていないように見せかけなければならない。敵の近くにいるときは、自軍が遠くにいると見せかければならない。敵から離れているときは、自軍が近くにいると見せかけなければならない。スタートアップにおいて大企業は脅威である。なぜなら、資金力、人脈全てにおいて上をいっているからである。それ故、情報のコントロールは非常に大事なものとなってくる。ピッチコンテストなどに出ることは良い事がある反面、知られてしまう。もしそうするのであれば、誰も追いつけないスピード感を持って突き進むしかない。そうならないために、市場において、相手を欺き、有利にことを進めようとすることは必然的であるだろう。

 


ひと目で分かる孫子の兵法

 

記事カテゴリの最新記事