名著「Startup Manual」から読み解く、プロダクトの立ち上げで絶対やってはいけない3つのこと

名著「Startup Manual」から読み解く、プロダクトの立ち上げで絶対やってはいけない3つのこと

名著「Startup Manual」から読み解く、プロダクトの立ち上げで絶対やってはいけない3つのこと

「Startup Manual」とはビジネスモデルキャンバスによる仮説検証で「イノベーション」と「新事業立ち上げ」を目指すすべてのベンチャー必携の本。 UCバークレー、スタンフォード、コロンビアのMBAコースで大人気講座となった、好評発売中の前著『アントレプレナーの教科書』(2009年)の姉妹書。少人数でのベンチャー創業から大企業における新事業まで、事業立ち上げに際して常に手元に置いて参照するガイドブック。本書は勘や運からではなく現場で起きていることを仮説検証による科学的アプローチで、マニュアルという本の性質どおり、Step by Stepで解決へと導き、著者主催のLean Launch Pad(顧客開発モデルを実践しながら新規事業を開発する8週間の集中講義)が、2011年にアメリカ国立科学財団(National Science Foundation)により、事業化をサポートする際の必修講座として採用されるなど、アイデアの事業化にあたって「顧客開発モデル」は不確実性の高い不可欠なコンセプトとして注目されている。本書では下記を充実させ、「顧客開発モデル」をより進化させた一冊である。

 

1.ユーザー理解の知ったかぶり。

 

「顧客の欲しいものがわかっている亅という思い込み「顧客が誰で、何を欲しがっていて、彼らにどう売ればよいのか」がわかっているという思い込み。考えてみればアントレプレナーが専門家であったとしても、スタートアップの初期段階では顧客など存在しないのだからそもそも誰が買ってくれるのか、顧客が抱える課題は何か、どのようなビジネスモデルが通用するのかといつたことは仮説でしかない。誤解を恐れずに言うと、新しいサービスというものはアントレプレナーの「思い込み」に賭して始める取り組みなのである。それにも関わらず、思い込みだらけのビジネスモデルを事実と取り違え、1人の顧客の意見も聞かずに新製品開発モデルに従って製品を設計し、開発のためにお金を使い、出荷開始を目指すアントレプレナーがあとを絶たない。

アントレプレナーは、仮説や思い込みをできるだけ早く事実に転換しなければならない。それにはオフィスから飛び出し、仮説が正しいか顧客に尋ね、間違っていれば迅速に変えることが必要なのである。

 

2.ぎっちり計画通りのプロダクト開発

 


最初描いていたビジネスプランや仕様は検証やヒアリングをする重ねるごとに100%と言って良いほど変わる。むしろ変わっていないのであれば危険だと思った方が良いほどだ。そのためプランもスケジュールもあてにするのはバカバカしい。マイルストーンやスケジュールを立てることは大事であるが、それらに依存して「良いプロダクトを作る」からズレることは本末転倒である。

新しいサービスとはは一連の仮説(思いつき)から始まるものだが、そのほとんどは間違っている。最初の未検証のままの仮説に基づいて製品やサービスの開発と販売に邁進するのは、自らの首を絞める行為だ。従来型の新製品開発モデルではプロダクトの立ち上げはステップ バイ ステップの実行志向のプロセスとみなされている。PERT図(プロジェクトの完了に必要なステップと時間を計画したプロジェクトマネジメントテクニック)のように、ステップごとにマイルストーンとリソースが定義され、進捗管理される。しかし、潜在的な顧客に新製品を披露したことのある人であれば、2歩進んで1歩下がるような進捗でも上出来とわかっているはずだ。「間違いから学べるかどうか」が、消え去っていくプロダクトと成功するプロダクトとのの分かれ目だ。マネジメント層は上記のことを理解し、また部下や社員に理解してもらう努力が重要になると考える。

 

 3.失敗のなすりつけ合い

1.2で述べた様に、プロダクト開発にはいくつもの失敗(検証)が伴ってくる。だからこそ個人だけでなく、チーム、会社全体が失敗に寛容にならなければならない。失敗に恐れて、検証を後回しにしたり、プロダクトを作り込んでしまうことの方がよっぽど避けなければならない状態である。

良いプロダクト開発はたくさんの小さな失敗をたくさん重ね、スピーディーにアップデートさせること。だからこそ、チーム全体が失敗に寛容になり、失敗を恐れたり、なすりつけたりせず「良いプロダクトを作るには失敗するには不可欠な要素」とチーム全体が捉える環境作りがとても重要な要素になる。

 


Startup Manual

 

記事カテゴリの最新記事